信州/長野どっとこむ

信州・長野の宿泊やグルメ情報を信州在住の管理人がご紹介します。 宿泊情報は、実際の宿に勤務している管理人がオススメの宿をご紹介!!
スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] | スポンサー広告

分杭峠-日本で唯一のゼロ磁場パワースポット-

分杭峠(ぶんぐいとうげ)は、国道152号線の長野県伊那市と下伊那郡大鹿村の境界に位置する標高1,424mの峠で、静岡県浜松市の秋葉神社へ向かう街道として古くから利用された秋葉街道の峠の一つである。
秋葉街道は西日本の地質を内帯と外帯に二分する中央構造線の断層谷を利用した街道であり、分杭峠は中央構造線の谷中分水界にあたるそうです。

【分杭峠の名の由来】
高遠藩が他領との境界に杭を建て目印としたことが由来と言われています。

ゼロ磁場
分杭峠は、元極学という中国政府が公認する気の研究団体の創始者である気功師・張志祥が平成7年に来日した際、分杭峠に「気場」を発見したとされる。
「健康に良い『気』を発生させるゼロ磁場地域である」と称され、マイナスイオンブームの際にマスコミに取り上げられたことでかなり有名になった。

日本最大、最長の巨大断層地帯である中央構造線の真上にあり、2つの地層がぶつかり合っている、という理由から「エネルギーが凝縮しているゼロ磁場であり、世界でも有数のパワースポットである」と称されている。
ゼロ磁場(気場)とは? ゼロ磁場
零磁場(断層)の機能
 分杭峠は中央構造線という大断層の上にあります。断層には地表面のズレとしての段差並びに零磁場があり、人間に例えると皮膚の経絡(けいらく)と経穴(つぼ)と同様に気の通る道並びに木の出口・入口と考えることができます。

断層の両側から押し合う力によって、断層には、全般的にエネルギーの蓄積があり、また局部の突出部にはエネルギーの無い零に近い場所(零場)もあり得ると推定できます。零は文字どおり「なにも無い、零」でありますが、(+)回転と(-)回転が一対になった素粒子状のスピン対(気)は零にならないで、逆に、零場に次第に蓄積される傾向があると判断できます。

断層付近には、放射線の強い場所や磁場気変化の著しい場所があります。実験によると、サイ(気)はラジウム等放射性物質原子の原子核内の不安定な中性子に直接働きかけて、γ線などのエネルギーを放出して、より安定なラドン等になる(ラジウム崩壊)性質があります。

気は不安定な物質を安定化してバランスを取る性質があり、この崩壊のエネルギーを使って気は異常現象を起こしていると考えられます。ラドン温泉などとして知られる低線量放射線は、免疫の機能を高め、自然治癒力を増進させるので、健康によいと言われています。



大きな地図で見る


分杭峠を訪れるのにおすすめの宿
信州公共の宿入野谷

世界のパワースポット分杭峠と気の里入野谷で寛ぎ癒しを体感
南アルプスの麓の世界的にもめずらしいゼロ磁場。緑と自然に囲まれた気の里に不思議なパワーが生まれる。疲れた心身を癒し、中央構造線の岩盤から湧き出る自然水たっぷりのお風呂で寛ぎとリフレッシュ!
中央自動車道伊那IC〜高遠町方面へ約40分、R361〜R152伊那市最南市野瀬地区。電車5名以上は送迎可
◆入野谷の料金・宿泊プラン一覧はこちら

スポンサーサイト
[ 2008/04/26 ] | パワースポット分杭峠 | CM(0) | TB(0)

分杭峠 -アンビリバボーでも取り上げられたすごいスポット-

アンビリバボーでも紹介されていた分杭峠。



これはもう行くしかないでしょう!

中央道伊那インターから約60分です。
[ 2009/07/09 ] | パワースポット分杭峠 | CM(0) | TB(0)

分杭峠



これは昨年(平成20年6月10日)に実際に行った時に撮影した動画です。

ここからパワーがもらえるかもしれません。

[ 2009/07/10 ] | パワースポット分杭峠 | CM(0) | TB(0)

分杭峠へのアクセス

今年も行ってきました分杭峠。

話題のゼロ磁場、パワースポットとです。

夏休みということもあり、なんだかレジャー感覚(もちろん私もそうですが・・・)の人たちがたくさん居たりして、ここもだんだんメジャーになりつつあるんだなぁと思うとともに、あやかって変な商売が横行しているようなことも見かけたりもしました。(>_<)

分杭峠へのアクセスから紹介します。


東京や松本方面からは、伊那インターが便利だと思います。名古屋方面からは、駒ヶ根インターが最寄りインターとなりますが、それぞれのインターからちょっと距離はあります。

伊那インターを下り左折します

どんどん直進すると国道153号線につきあたり当たるのでそこを右折

入舟という信号を左折

桜で有名な高遠方面へと向かいます国道361号線

高遠の町を抜けて、高遠大橋を渡ったら左折、国道152号線

ひたすら国道152号線を南下します。右側に美和ダムが見えます。

ダムが過ぎて、途中から登り坂になり道幅がグンと狭くなるので注意

伊那インターを下りてから約40分でたどりつきます。

[ 2009/08/06 ] | パワースポット分杭峠 | CM(0) | TB(0)

分杭峠へのアクセス -動画です-

国道152号線は、冬季通行止めのゲートがあるあたりから狭くなるので注意してください。
通行止めゲートから分杭峠までの動画です。



そして、分杭峠へ到着です。



行く前にチェックしておくとかなり参考になると思います。
[ 2009/08/10 ] | パワースポット分杭峠 | CM(0) | TB(0)
信州/長野どっとこむ 信州に移住した人生-長野県感動ガイド- 長野県に移住した人生
スポンサーサイト

サイト内検索

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。